TO-LUCKY Paradise Orchestra
色んなことを面白おかしくみんなに伝える日記。時々コピペ、時々長文。
我が家の画伯が書いた俺

虎月@rightstands

Author:虎月@rightstands
 



カレンダー



最近の記事



コメフリーです..._〆(゚▽゚*)



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ドゾー(´・ω・`)つQR

QRコード

TO - LUCKY Paradise Orchestra



ご訪問ありがとうございます



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気持ちよかった.。゚+.(・∀・)゚+.゚
赤星が殊勲同点打!逆転サヨナラG連倒


「阪神4-3巨人」(27日、甲子園)

 猛虎戦士の気持ちがひとつになった。そして今季初のサヨナラ勝利をもぎ取った。1点を追う九回二死一、三塁から阪神・赤星憲広外野手(32)の内野安打で追いついた。さらに二死満塁から新井貴浩内野手(31)が粘って押し出し四球。派手さはないが、必死で食らいついた。本当に価値ある勝利だ。
  ◇  ◇
 こんなにハシャイじゃってすみません!!なにせ…もう…快感を通り越す、猛虎軍団、08年初のサヨナラ勝ちですから!!
 「子供のように、うれしかったです!!こんな気持ちがいいのは初めてです!!」
 4万3000人のマンモスの願いどおり、赤星がお立ち台に立つことがかなった。
 さすがに虎党も一時は、今季9カード目にして、ついに負け越すことも覚悟したけど。試合開始から3時間32分、Gを倒すため駆け続けた男が、ドラマを巻き起こした。
 2-3の九回二死一、三塁。打席に赤星。凡退ならジ・エンドだった。
 クルーンの剛速球の前にカウント2-0。「正直ヤバいなと思った。コブシ2つ短くバットを持ちましたね」。そして、3球目、外角低めの157キロを叩いた打球が遊撃前に高く跳ねると、レッドが超音速で走った。「これまでで一番速かったんじゃないですかね」。セーフポーズで一塁を駆け抜けた瞬間、一塁塁審も同じポーズをとった。
 ついに同点!!そのまま片ヒザをつき、両手を高々と挙げて、ビクトリーポーズ!!こうなれば神様も観念。最後は二死満塁から、新井の押し出し四球で、赤星に華を贈るしかなかった。
 1、2打席目は四球出塁し、天敵・内海を討つため好機を作り続けた。0-0の五回一死二塁からは、先制の中前適時打を放った。
 1-3と逆転された後の八回には先頭で、三塁へのゴロを木村拓が弾き、慌てた一塁送球が悪送球になると、一気に三塁を落とし、続く代打・今岡の右前打で生還した。
 「この試合は何か起こると思った。だから絶対、あれは(持病の)首がヤバいけど捕らないといけなかった」
 九回表、二死満塁の守備では、坂本の右中間への打球をスライディングで好捕し、最後の攻撃に弾みをつけたのだ。
 毎日、試合前、赤星は誰よりバント練習を入念に行う。「バント練習って大事なんです。これが悪いと、打撃も悪いもんです」と己の状態を判断するバロメーターにする。この日も、一見、巧みにバント練習をこなしたが「いや、調子はよくないです」と、厳しく採点し、またフォームチェック。好調を維持のため、自分に厳しく、繊細だ。
 こんな男が、今、猛虎を牽引し、劇的勝利を生んだ。だから打って、走って、はしゃいだ3時間32分。超気持ちよかった。


[デイリースポーツ]

[ スポーツナビ 2008年4月28日 11:03 ]




最高の気分です。
いくら弱いとはいえ糞Gを叩くことこそ我ら虎党にとって最高のストレス解消ですからね。




電車みたいですね

今夜はこの酒を1本呑んで余韻に浸りたいと思います。




【今日のタイム お休み】 明日昼間に走ります。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://gate21.blog96.fc2.com/tb.php/468-69a49501



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。